建物状況調査(インスペクション)

活用しませんか?

建物状況調査
(インスペクション)とは?

状況調査(インスペクション)とは、建物に精通した有資格者が目視や専用の機材等を使用して、建物の欠陥の有無、劣化状況、改修すべき箇所の発見や対策方法を第三者的な立場でアドバイスする専門業務です。
建物の売却前や購入前に調査を行うことで、透明性が高く、安心感のある不動産取引を実現できます。

宅地建物取引業法の改正により建物状況調査(インスペクション)の斡旋が義務化へ

2018年4月1日より宅地建物取引業法が改正され、不動産流通業者に「建物状況調査(インスペクション)の斡旋」が義務化されました。
中古住宅を売るとき・買うときに、不動産業者が建物状況調査(インスペクション)を斡旋することになります。売主様・買主様側でもインスペクションについて正しく理解し、適切な判断ができることが重要になってきます。

売主側のメリット

建物の現況を把握することで
売買後のトラブル防止に

検査済み建物として競合物件との
差別化が図れる

国土交通省のウェブサイトで詳しく見る
買主側のメリット

適正価格で売買できる

建物の現況を知ることでメンテナン
スの見通しが立てやすい

国土交通省のウェブサイトで詳しく見る

スミタスの建物状況調査
(インスペクション)サービス

スミタスでは、8年前から建物状況調査(インスペクション)を導入し、全国の先駆けとして取り組んできました。ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

インスペクションに関するご質問、ご相談に専門家がお答えします。

5000件以上の豊富な調査実績。戸建住宅、分譲マンション専有部、賃貸収益物件など、様々な物件の診断が可能です。

お近くのスミタス不動産にお問合せください。
  • 中央区・西区・豊平区中央支店
    011-622-4333
  • 厚別区・白石区・清田区東支店
    011-895-1111
  • 北区・手稲区西支店
    011-688-5227
ページトップ