マンション査定は匿名でもできる?メリット・デメリット・注意点を詳しく解説!

マンション査定は匿名でもできる

マンションの売却を検討しているものの、査定する時に個人情報を伝えることに抵抗を感じている方も多いのではないでしょうか。

営業の電話がしつこそう
個人情報が流出したら嫌だ

そんな思いから査定自体が面倒になり、後回しになっていませんか?

売却を考えているのであれば、査定は避けられません。売り時を逃さないためにも早めに査定依頼をすることをおすすめします。

個人情報を伝えることに抵抗がある場合は、匿名査定という方法もあります。個人情報を誰にも知られず簡単に、そして無料で物件のおおよその価格を知ることができます。

この記事では、マンション査定を匿名で受ける方法や、メリット・デメリットについて解説します。マンション査定を匿名でしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

SUMiTASの簡単10秒査定はこちらから!

入力情報をベースに類似性が高いと考えられる物件情報を抽出し価格を算出いたします。
500m範囲・過去2年以内の事例から算出しております

マンションの無料査定は匿名でもできる?

マンションの無料査定は、最低限の情報を提供すれば、匿名でも受けることができます。

匿名査定は文字通り、個人情報を伝えることなく、物件情報とメールアドレスのみで簡単に査定を受けることができるサービスです。

通常の査定では、物件情報以外に不動産会社から連絡を受けるための個人情報を入力する必要があります。氏名はもちろん、電話番号や住宅ローンの現状、査定を依頼するに至った動機なども入力しなければなりません。

一方、匿名査定であれば、以下のようなマンションの基本情報を入力するだけで査定額を算出することができます。

  • マンションの所在地またはマンション名
  • 専有面積
  • 間取り
  • 階数
  • 方角
  • 築年数
匿名査定はあくまで簡易査定

匿名査定はあくまで簡易査定なので、不動産の個別性を反映させた精度の高い査定価格が知りたい場合や売却活動をするのであれば、個人情報を伝えたうえでの訪問査定が必要になります。

10秒査定はこちらから

マンションの匿名査定を利用するメリット

マンションの匿名査定の主なメリットは以下の3つです。

  1. 個人情報を入力することなく査定ができる
  2. おおよその査定額がすぐにわかる
  3. しつこい営業電話をされる心配がない

それぞれ詳しく説明していきましょう。

①個人情報を入力することなく査定ができる

前述したように、匿名査定では査定時に個人情報を伝える必要はありません。

マンションの売却を検討している段階では、個人情報の提示は避けたいという方も多いでしょう。できるだけ個人情報を記入せずに、おおよその相場価格を知りたいという方には、匿名査定が適しています。

通常の査定であれば、氏名・年齢・電話番号はもちろん、売却の希望時期や動機の記入を求められることもあります。

しかし、相場を知るために利用するのであれば、そこまで込み入った個人情報を伝えることに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。

匿名査定で最低限必要になってくる情報は、下記の通りマンションの基本情報のみです。

  • マンションの所在地またはマンション名
  • 専有面積
  • 間取り
  • 階数
  • 方角
  • 築年数

匿名査定はこれらを提示するだけで、おおよその査定額がわかるのでとても便利です。個人情報が漏えいするといった心配もありません。

個人情報を伝えずに査定価格が知りたい方にとって、匿名査定を受けるメリットは大きいと言えます。

②査定金額がすぐにわかる

査定金額がすぐにわかることも、匿名査定を利用するメリットと言えます。

匿名査定は、マンションの基本情報を入力すれば、その場で査定額が表示されることがほとんどなので、すぐに査定額を知りたい方にとってとても便利なシステムです。

とくに人工知能(AI)を利用しているサイトであれば、秒単位と非常にスピーディーに査定が完了します。AIがデータを活用し、マンションの基本情報や国土交通省の公示地価、市場動向や類似物件の売買実績などから、瞬時に自動計算がなされて査定金額が割り出されるからです。

一括査定や机上査定では金額の提示に一週間以上かかるケースもあるため、すぐに査定価格が知りたい方にとって、匿名査定のスピード感は大きなメリットと言えるでしょう。

SUMiTAS(スミタス)では、豊富なビッグデータから物件相場を査定する「簡単10秒査定」の利用が可能です。入力情報をベースに、類似性が高いと考えられる500m範囲・過去2年以内の事例から物件情報を抽出し価格をスピーディーに算出します。

また、他社では匿名査定でもメールアドレスを求められることが多いのですが、SUMiTASの10秒査定はメールアドレスを入力する必要がありません。個人情報を記入せず、おおよその査定額を知ることができます。

③しつこい営業をされる心配がない

電話番号など個人情報を入力する必要がない匿名査定は、不動産会社からの営業電話がかかってこないという利点もあります。営業をされることが苦手で踏み切れない方にとって、大きなメリットといえるでしょう。

不動産会社と直接連絡を取り合うことなく、知りたい情報を得ることができるシステムはストレスフリーで利用できます。

直接査定を依頼した場合、「マンションの査定をするのなら売却の見込がある」と考えられ、さまざまな売却プランを提案されるのは言うまでもありません。まだ検討段階であるにもかかわらず何度も営業電話がかかってくると、対応を面倒に感じてしまうものです。

その点、匿名査定であれば不動産会社と直接関わることはないので、売却を迷っている段階でも気軽に依頼できます。

匿名査定は、営業に惑わされることなく、まずはしっかり自分の中で売却について検討したいという方にもおすすめのシステムです。

マンションを売却するか検討中の方におすすめ!

匿名査定であれば個人情報の流出がなく、営業やセールスの電話もかかってこないので、マンション売却について自分でじっくり検討したい方におすすめです。

マンションの匿名査定を利用するデメリット

個人情報を伝えることなく査定額がすぐにわかる匿名査定は、メリットばかりのように感じるかもしれません。しかし、匿名査定には通常査定にはないデメリットもあるので注意しましょう。

匿名査定のデメリットは、以下の3つです。

  1. 査定額の精度が高くはない
  2. 匿名査定だけでは売却ができない
  3. 疑問点や住宅ローンなどの悩みを相談できない

それぞれ詳しく解説していきましょう。

①査定額の精度が高くはない

匿名査定は、類似する物件の実績データをもとに算出されます。
あくまで過去の売却価格のため、査定結果の精度はそれほど高くありません。

一般的に、査定額は実際の価格より高くなる傾向にあります。

とくに建物の基本情報のみを提示する匿名査定では、室内の状況や設備の劣化、近隣関係、地盤状況などは反映されないため、訪問査定と比べると精度は劣ります。

他にも、マンションに何かしらの瑕疵があったり売却理由に難があったりすると、それらが発覚した時点で価格の差はさらに大きくなります。

反対に、リフォームをしていたり最新の設備を付けていたりすると、査定額は高くなるケースもありますが、匿名査定でリフォーム履歴や設備情報を入力しなければ、本来より安い査定結果が出てしまいます。

匿名でマンションの売却査定を行う場合は、こういった価格の開きを想定しておく必要があるでしょう。売却履歴がない場合や古い事例しかない場合には、そもそも査定価格が出ないということもありえます。

概算価格を知りたいだけの場合には非常に便利な匿名査定ですが、実際に売却へと進めていきたい場合は、訪問査定が必要です。

②匿名査定だけでは売却ができない

マンションを売却するためには必ず契約書が必要になるので、匿名で売却をすることはできません。また、売却活動を始めるのであれば、不動産会社へ仲介を依頼することになります。

匿名査定の段階では個人情報を提示していないため、不動産会社とのつながりができておらず、不動産会社から連絡が来ることはありません。次の段階へ進むためには、自分で信頼できる会社を見つける必要があります。

このように、売却を積極的に進める意思がある場合は、匿名査定を受けると査定と不動産会社探しに時間がかかってしまいます。マンションの売却を決定し、不動産会社を探す意志があるのなら、匿名査定ではなく、不動産会社を通しての机上査定や訪問査定をおすすめします。

③疑問点や住宅ローンなどの悩みを相談できない

匿名査定では、不動産会社とつながることがないので、売却についての悩みや査定額の疑問が出てきたとしても相談することができません。

一般的な質問であれば、ネットなどを調べることで知りたい答えが見つかるでしょう。

しかし、状況は物件によって異なるので、出てくる不安や疑問も違うものが出てきて当然です。

不動産会社に直接依頼をした場合であれば、査定額の根拠を聞くことはもちろん、できるだけ高く売却する方法などについても相談できます。

「住宅ローンの残高がある場合はどうしたら良いのか」「できるだけローン残高が残らないように売却したい」など、具体的に教えてほしい内容に関しても、信頼できる担当者が付いてくれていれば安心です。

相場や大まかな査定額だけではなく、いろいろな疑問や悩みが出てきたら、直接不動産会社へ相談をするタイミングといえるでしょう。

SUMiTAS(スミタス)では、売却活動に対する疑問はもちろん、住宅ローンや売却益などの相談にも対応いたします。相談を受けたからといって、SMiTASからしつこい営業電話や勧誘などの迷惑行為を行うことは一切ございませんのでご安心ください。

匿名査定を利用するときの注意点

匿名査定を利用するにあたっては、メリットもあればデメリットもあることがわかりました。

今はまだ検討段階で、売却は先の話という方にとっては、メリットのほうが大きいかもしれません。しかし、査定額を知りたいということは、将来的に売却をする可能性もあるということでしょう。

そんなときに、匿名査定を利用したことが失敗にならないよう、気を付けるべき注意点が2つあります。

  • 匿名査定の金額を鵜呑みにしない
  • すぐに売却したい場合には訪問査定が適している

それぞれ解説します。

匿名査定の金額を鵜呑みにしない

繰り返しにはなりますが、匿名査定は売却の意思が固まっている方にはおすすめできないサービスです。匿名査定で算出された査定額は、実際に売却をする際の価格とはかけ離れている可能性があるからです。

匿名査定は、対象不動産の大まかな情報のみで査定を行います。そのため、正確な査定額は出てきません。例えば、「物件の一部が傷んでいる」「シロアリの被害がある」「近隣関係がうまくいっていない」など、詳細な事情までは反映されていないので、詳細情報を伝えることによって査定額が変わることがあるのです。

匿名査定で算出した査定額だけを鵜呑みにして売却を決めてしまうと、訪問査定での査定額との差に驚くことも少なくありません。

正確な査定額を知りたい方は、匿名査定ではなく、机上査定や訪問査定を依頼しましょう。

すぐに売却したい場合には訪問査定を

訪問査定とは、物件に関するさまざまなデータに加えて、現地へ担当者が出向き、現物を直接見て調査をすることで総合的に価格を判断するという方法です。

室内の日当たりや通風の確認はもちろん、マンションの管理状態や周辺環境、所有者への質問など、匿名査定や机上査定ではわかりえなかった情報もすべて調査します。その詳細な調査により、価格にプラスの影響を与えるものもあれば、マイナスに働くものもありますが、現実的な売却可能額を知ることができます。

売却の意思が決まっている人や、できるだけ早く売りたいという方は、始めから訪問査定を選ぶと良いでしょう。

マンションを匿名査定するステップ

マンションを匿名査定する流れは、とても簡単かつシンプルです。

匿名査定サービスを提供しているサイトは多くありますが、一般的に次のようなステップで進めると良いでしょう。

ネットやスマホで、匿名査定サービスを提供しているサイトにアクセスをする
マンションの物件情報(専有面積や築年数など)を入力する
マンションの査定価格が表示される
詳しい査定の依頼を希望する場合は、不動産会社へ連絡をする

3のステップで査定額を知り、実際に物件の売却を進めたい場合や、訪問査定をしてもらいたいときには「不動産会社へ連絡をする」という4のステップへと進みます。

売却するにあたって「結局は訪問査定をするのなら、二度手間では?」と、感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、匿名査定から訪問査定という段階を踏んだことで、おおよその相場価格を始め、その他の情報や知識も得られます。検討している状態だったときと比べ、相談や交渉などはしやすくなるでしょう。

マンションの匿名査定はSUMiTASで簡単10秒!

マンションを売る際に大切なのは、マンションの相場を把握することです。相場を把握するときにおすすめなのは、「SUMiTASのような全国展開をしている不動産会社に査定を依頼する」方法です。

SUMiTASの簡単10秒査定では、マンションの情報をWEB上で入力するだけで、全国のビッグデータから瞬時に家の査定額を知ることができます。入力情報をベースに、類似性が高いと考えられる500m範囲・過去2年以内の物件情報を抽出して価格を算出します。

より詳しい査定額を知りたい場合には、詳細情報を入力して、机上査定や訪問査定を依頼することも可能です。

匿名で簡単にマンションの査定額を知りたいときには、気軽に利用してみてください。

10秒査定はこちらから

マンションの売却を検討中ならまずは匿名査定を

マンションの売却を検討し始めたら、まずは「どのくらいの価格で売れるのか」を知ることが必要です。相場価格を知るための査定には、「匿名査定」「机上査定」「訪問査定」など複数の方法があります。

なかでも「匿名査定」は、個人情報を伝える必要がなく手軽に査定できるので、売却を検討中の段階であれば、匿名査定からスタートしても良いでしょう。

SMiTASの簡単10秒査定

SMiTASの簡単10秒査定なら個人情報の入力は不要です。マンション名・専有面積・築年数・階数・方角という5つの基本情報を入力するだけで、概算価格が出てきます。

簡単でスピーディーなSMiTASの簡単10秒査定を、まずは試してみませんか?

10秒査定はこちらから