空き家を無料で手放す方法!損をしないための活用法3選

空き家を無料で手放す方法

「空き家の老朽化が進んで近隣住宅に迷惑がかかる」「管理費や税金が高い…。」

このような深刻な空き家問題を抱え、空き家を無料で手放す方法を探している方もいるのではないでしょうか。

本記事は、空き家を無料で手放す3つの方法をご紹介します。あわせて、無償譲渡する前に知っておくべき「空き家の活用法」も徹底解説します。

複数の方法の中から所有している空き家に適した、賢い手放し方を見極めていきましょう。

空き家を放置するデメリット

空き家を放置することでどのようなデメリットがあるのでしょうか。次の3つの視点から解説していきます。

  • 固定資産税がかかる
  • 近隣トラブルの原因になる
  • 資産価値が下がる

「そのうちどうにかしよう」と考えて放置し続けると、上記のような悪影響を及ぼす可能性があります。3つの欠点を正しく理解して、対策を打ちましょう。

1. 固定資産税がかかる

空き家を所有していると、固定資産税や都市計画税が課せられます。納税額は、地域や面積、用途によって大きく異なりますが、年税額100万円を超えることもあります。

さらに空き家を放置し続け、「特定空き家」だと認定された場合、住宅用地の特例が適用されなくなります。特例の適用外になると、固定資産税の軽減措置対象から除外され、約6倍の納税義務を負う可能性があることを知っておきましょう。

出典:国土交通省「土地の保有に係る税制

2. 近隣トラブルの原因になる

家屋は、適切に管理しなければ老朽化が進み、外壁材や屋根材の落下を引き起こす可能性があり、大変危険です。空き家を放置することで、近隣住民に迷惑をかけてしまい、近隣トラブルの原因になってしまうことがあります。

犯罪リスクごみの不法投棄、不審者の侵入
害虫リスク野良犬、野良猫、ネズミ、シロアリの被害
景観のリスク建物の倒壊の危険性

実際に、放火の危険性や不審者の出入りに使われるといった事件も起きています。

空き家を放置するデメリット

放置された空き家があるだけで、近隣住宅の資産価値が下がる可能性もあります。近隣トラブルにつながる前に、空き家の維持管理を徹底しましょう。

3. 資産価値が下がる

家屋は住む人がいなければ、湿気がこもったり、修繕されなかったりするため、老朽化が進みます。その結果、資産価値が大幅に下がり、「安い価格でしか売却できない」という状態になってしまいます。

カビの繁殖や木の腐食、雨漏りなどがひどければ、莫大な修繕費がかかるケースもあります。状態によっては、一度解体して更地にした方が高値で売却できる可能性もあります。

空き家を放置し続けると、日に日に資産価値が下がっていくことになるので、できるだけ早く手を打つことが大事です。

空き家を無料で手放す方法

空き家を無料で手放す方法として、次の3つが挙げられます。

  • 近隣の知人に無償譲渡する
  • 不動産会社に無償譲渡する
  • 空き家バンクを活用する

空き家の悩みが深刻化する前に、上記の方法で賢く手放すことも考えていきましょう。

方法1 | 近隣の知人に無償譲渡する

知人に無償で受け渡し、空き家を手放すことができた人も多くいます。

診療所やレストランなどの事業者の場合、従業員や来客用の駐車場用地を探している可能性があるので、譲り受けてくれるかもしれません。

また、隣地所有者であれば自分の土地が広くなるので、無償なら取引してくれる場合があります。

しかし譲渡を受けた側は、各種税金が課せられたり、解体費用が発生したりとコストがかかることもあわせて伝えておくことが、後のトラブルにならないためにも大切です。

出典:国土交通省|土地の譲渡に係る税制

方法2 | 不動産会社に無償譲渡する

空き家を譲り受けた後に次の4つの選択肢から最適な方法を見極め運用を行います。

  • 現在の建物状態のまま売却
  • 傷んでいる部分をリフォームして売却
  • 古家付き土地として売却
  • 更地にして土地として売却

例えば、空き家を解体し、更地にしてからアパートを建てて家賃収益を得るケースもあります。解体や建築費用を含めた上で、不動産会社側に利益が見込めるなら、無償譲渡または売却も実現できるはずです。

また、不動産会社によっては、空き家を高値で売却できる可能性もあるので、まずは価格査定をしてみることをお勧めします。全国にネットワークを持つSUMiTASなら、高く・早く売却するためのご提案が可能です。

方法3 | 空き家バンクを活用する

空き家バンクに登録すると、家屋を譲り受けてくれる相手が見つかる可能性が広がります。空き家バンクとは、全国の空き家情報がまとめられている政府運営のプラットフォームのことです。

空き家バンクを活用する

不動産会社が取り扱えない空き家でも登録することができ、「売りたい人」と「買いたい人」同士がつながることができます。

令和4年6月末日時点では、約900の自治体が参加しており、11,400件※の物件が制約済みとなっています。空き家バンクに登録することで、空き家を探している多くの人に周知できるため、無料で手放せる可能性が広がります。

また、「空き家バンク」は、非営利目的のため仲介手数料や登録料などが発生しません。建物の修繕費の一部を補助してくれる制度もあるので活用してみてください。

※出典:国土交通省|「全国版空き家・空き地バンク」について

空き家を無料で手放す前に必読!3つの活用法

空き家を無料で手放す前に知っておくべき3つの活用法をご紹介します。

  • 空き家を更地にして土地を売る
  • 空き家をリフォームして売却する
  • 空き家の売却金額を相場より安価に設定して早期売却する

それぞれの活用法の特徴やメリット・デメリットをまとめたので見ていきましょう。

活用法1 | 空き家を更地にして土地を売る

建物が古い場合、空き家を解体して更地にすることで、買い手が見つかりやすくなる場合があります。買い手としては、更地であれば購入後、すぐに建物を建てられるメリットがあるからです。

空き家の内覧希望者への対応や維持管理の手間を削減できるので、売り手にとっても解体することがメリットになります。

空き家の解体費用は、業者によって大きく異なるので、複数の業者に依頼をして見積もりを比較してみてください。

メリット買い手が購入後に建物を立てやすい内覧者の対応・維持管理の手間が省ける老朽化が進んだ空き家の悩みを解消できる
デメリット解体費用がかかる固定資産税が高くなる可能性がある

活用法2 | 空き家をリフォームして売却する

リフォームすることで、空き家の魅力を高められるので、買い手が見つかりやすくなります。空き家がいつまでも売却できない原因として、「老朽化」があげられるからです。

悪い状態をリフォームによって綺麗に修繕すれば、スムーズに買い手が見つかるでしょう。さらに、「今すぐ住みたい」と思える状態に仕上がると、物件の価値があがりより高値で売却できるかもしれません。

しかしリフォームは、個人の趣味がでやすく、購入希望者を狭めてしまう可能性があります。ご自身で判断することは難しいので、リフォームの実績が豊富な不動産会社に相談しましょう。

メリット売却価格が高くなる可能性がある買い手が見つかりやすくなる
デメリットリフォーム費用がかかる趣味の違いで買い手が見つかりにくくなる可能性がある工事が必要なため売却までに時間がかかる

活用法3 | 空き家の売却金額を相場より安価に設定して早期売却する

空き家の売却金額を相場よりも安く設定し、早期売却するのも1つの手です。解体費用やリフォーム費用がかからないので、総合的にみると損せずに売却できることもあります。

空き家は、維持管理や内覧希望者の対応などの手間がかかるので、早期売却によって時間や労力、資金負担の軽減につながるでしょう。

メリットリフォーム費用、解体費用がかからないスムーズに買い手が見つかる可能性がある時間や手間などの負担が少ない
デメリット相場価格よりも安く売却することになる

この記事では、空き家を「高く売るコツ」や「スムーズに売却する流れ」「注意点」を解説しています。出費を抑えてできるだけ大きな利益を狙いたい方は、ぜひご覧ください。

不要な空き家を無料で手放す前に売却を検討しよう

空き家を放置することで、税金が課せられたり、修繕費が発生したりと手間や資金がかかるので早めに対策を打つ必要があります。

空き家は、無料で手放すことができるほか、上手く活用できる可能性もあるので、物件の状態や所有者の負担などから総合的に判断しましょう。

空き家を無料で手放す方法近隣の知人に無償譲渡する不動産会社に無償譲渡する空き家バンクを活用する
空き家活用の方法空き家を更地にして土地を売る空き家をリフォームして売却する空き家の売却金額を相場より安価に設定して早期売却する

いずれにしても空き家の価値を正しく把握し、売却や無償譲渡の検討を進めることが大切です。

SUMiTAS(スミタス)の無料売却査定は、全国の査定実績から「売却」と「賃貸」両方の適正な査定額を知ることができます。物件の情報を入力するだけで無料査定を行えますのでぜひ一度、お試しください。