マンションの自動査定とは?特徴・メリット・注意点・利用の流れを徹底解説!

マンション自動査定

マンション査定をしたいと思いつつも、その後に続くであろう営業電話の対応が面倒で、後回しになっていませんか?

ネット上で行う匿名の自動査定であれば、営業電話がかかってくることがないので「おおよその査定額が知りたい」「相場を把握しておきたい」という方も気軽に利用できます。
本記事では、マンションの自動査定の特徴・メリット・注意点・利用の流れを詳しく解説しますので、参考にしてください。

なお、SUMiTAS(スミタス)の「簡単10秒査定」では、マンションの情報を入力するだけで、瞬時に査定額を知ることができます。マンションの相場価格を知りたい方は、まずは「簡単10秒査定」をお試しください。

SUMiTASの簡単10秒査定はこちらから!

入力情報をベースに類似性が高いと考えられる物件情報を抽出し価格を算出いたします。
500m範囲・過去2年以内の事例から算出しております

マンションの自動査定とは?訪問査定との違い

マンションの査定方法には、大きく分けて「机上査定」と「訪問査定」の2種類があります。

机上査定は「簡易査定」とも呼ばれ、その名の通り簡易的な方法で査定額を算出する査定方法です。
そして、机上査定で行う査定の一つに「自動査定」があります。
これに対して「訪問査定」は、実際にマンションを訪れ、室内の状況や周辺環境も確認したうえで査定額を算出します。
自動査定と比べて時間や労力はかかりますが、詳細な査定額がわかることがメリットです。

自動査定の4つの特徴

簡易的な机上査定の中でも、より手軽に査定額を知ることができる自動査定は、とても便利なシステムです。ここからは、自動査定の特徴についてもう少し詳しく説明していきます。

①過去の取引データをもとに査定額を算出している

自動査定は、類似する物件の過去の取引データや実績から査定額を算出します。

そのため、取引が多く行われているエリアや、同じマンション内での取引事例が多いマンションは自動査定との相性が良いとされています。

マンションが密集するエリアに住んでいる方や、100戸を超える大規模マンションを所有している方は、まずは自動査定を試してみると良いでしょう。

②書類の提出が必要ない

前述したように、自動査定で必要な情報はマンションの基本情報のみです。

マンション名や所在地、専有面積、間取り、階数、方角、築年数などを入力するだけで査定できるので、書類を取り寄せたり提出したりする必要がありません。

一方で訪問査定の場合は、以下のような書類が必要になる場合があります。

  • マンションの登記事項証明書または権利証
  • 固定資産税納税通知書
  • マンションの管理費や修繕積立金・維持費などが分かる資料
  • マンションの管理規約
  • 購入時の売買契約書・パンフレット

マンション売却を検討中の方や相場を把握したいだけであれば、準備物が多いだけで査定に対しておっくうになってしまいます。

書類をそろえる手間がかからないことも、自動査定の特徴と言えるでしょう。

③無料で査定できる

不動産査定の中には、不動産鑑定士が行う有料の不動産査定(鑑定)もあります。

一方で、自動査定は無料で利用できるものがほとんどなので、費用をかけずにマンションのおおよその査定額を知ることができます

④査定には人工知能AIが利用されている

自動査定のさまざまな特徴の中でも、特に注目されるのが「査定額算出までのスピード感」です。

そのスピード感を実現しているのが、人工知能AIです。

AIによる査定は、人を介さず過去の膨大な取引データや、ネット上にある類似物件の情報をもとに査定額を自動で算出します。

さらにAIは自己学習能力をもっているものもあります。

それらの特性を活かした自動査定では、データを元に取引の傾向を把握し、過去だけでなく将来的な価格推移の予測が可能なものもあります。

マンションAI査定マンションのAI査定はどんな物件におすすめ?メリットや注意点もあわせて解説!

SUMiTASで自動査定を利用する流れ

ここまで、自動査定の特徴をお伝えしてきました。

全国展開しているSUMiTAS(スミタス)も、自動査定「簡単10秒査定」を導入しています。

「簡単10秒査定」は、マンションの情報を入力するだけで、全国のビッグデータから瞬時にマンションの査定額を知ることができるシステムです。

ここでは「簡単10秒査定」を利用する流れを説明していきます。

ステップ1. SUMiTASの査定ページにアクセスする

まずは、SUMiTASの査定ページにアクセスします。

事前準備として、マンションの間取りや築年数、建物面積など、マンションの基本情報をまとめておくと、この先の作業がスムーズに進みます。

ステップ2. マンションの情報を入力する

サイトにアクセスしたら、売却したいマンションの情報を入力します。

SUMiTASの「簡単10秒査定」では、以下の情報入力が必要です。

  • 物件所在地(マンション名)
  • 部屋の専有面積
  • 築年数
  • 方位
  • 所在階

ステップ3. 査定結果を確認する

マンション情報を入力したら、すぐに査定結果が表示されます

査定額がわかり、実際にマンションの売却を進めたい場合やもっと正確な査定額を知りたいときには、次のステップである机上査定か訪問査定へ進みます。

マンションの自動査定を行うメリット

マンションの自動査定を利用する主なメリットは以下の3つです。

  1. 営業電話がかかってこない
  2. すぐに査定額がわかる
  3. 過去の価格推移や将来的な予測までできるものもある

それぞれ詳しく説明していきましょう。

①営業電話がかかってこない

マンションの査定をするにあたって、ネックになりやすいのが不動産会社からの営業電話です。

特に一括査定サイトの場合は、複数の会社から電話がかかってくるため、営業対応が苦手な方にとってはストレスとなるかもしれません。

一方、自動査定機能は匿名で利用できることがほとんどで、電話番号など個人情報を入力する必要がありません。そのため、不動産会社から営業電話がかかってくることもなく、ストレスフリーで利用できます

不動産会社と連絡を取り合うことなく、おおよその査定額がわかるのは、自動査定を利用する大きなメリットと言えるでしょう。

②すぐに査定額がわかる

査定額がすぐにわかることも、自動査定のメリットです。

訪問査定の場合は、査定額がわかるまで1週間前後かかることが多いのですが、自動査定であればすぐに査定額が算出されます

すぐおおよその査定価格が知りたい方にとっては、メリットが大きいと言えるでしょう。

③過去の価格推移や将来的な予測までわかる

自動査定によっては、直近取引の価格推移のグラフ化や、築年数ごとの価格が表示される査定もあります。

また、AIが用いられている自動査定であれば、過去だけではなく将来予測される推移についてまでもが提示可能です。

「過去はどうだったのか」「将来はどうなっていくのか」という推移を知ることは、売却時期やタイミングを考えるにあたって大きなヒントになります。

売却戦略を考えるツールとして活用できることも、自動査定を利用するメリットと言えるでしょう。

3つの視点で見るマンション売却のタイミング!売却のポイントや注意点も解説3つの視点で見るマンション売却のタイミング!売却のポイントや注意点も解説

マンションを自動査定するときの注意点

さまざまなメリットがある自動査定ですが、注意すべきポイントもあります。
自動査定をする際、特に気を付けたい注意点は以下の2つです。

  1. おおよその査定額しかわからない
  2. 売却について相談できない

それぞれ詳しく解説しましょう。

①おおよその査定額しかわからない

自動査定でわかるのは、入力情報のみで算出した「おおよその価格」です。

類似する物件の過去の取引データや実績をもとに算出されますが、あくまで過去の売却価格であるため、今の売却価格とイコールではありません。

さらに自動査定では室内の様子や設備の劣化状況、近隣関係、日当たり通風などを加味できないので、訪問査定での査定額と大きな差が出る可能性もあります。

売却活動を進めていくのであれば、自動査定だけではなく必ず訪問査定をしましょう。

②売却について相談できない

ネット上で行われる自動査定では個人情報を入力しないので、不動産会社とつながることはありません。

これは自動査定のメリットですが、デメリットでもあります。

不動産会社とつながらなければ、売却についての不安や悩み、査定額の疑問が出てきたとしても相談ができないからです。

一般的な疑問であれば、ネットで調べて解決できますが、不動産売却の場合は出てくる疑問や不安は物件によって異なります。専門家の意見も気になるところです。

おおよその査定額だけではなく、査定額の根拠や高く売るための売却方法、その他具体的に知りたいことが出てきたら、直接不動産会社への相談をおすすめします。

SUMiTASは全国各地に店舗があり、その地域に根付いた営業をしています。不動産売却でお悩みの際は、どんなささいなことでもお気軽にご相談ください。

マンションの自動査定が向いている人

自動査定は手軽に利用できますが、訪問査定と比べると精度は劣ります。

自動査定をする場合は、自動査定の特徴やメリットを把握し、ご自身の希望と合うのかを判断したうえで利用するようにしましょう。

マンションの自動査定が向いている人は次の通りです。

  • マンション売却を検討中の方
  • マンションの価格相場を知りたい方
  • 営業電話を受けたくない方

売却を検討中の方や、相場観を把握しておきたい方などは、売却活動の第一歩として自動査定の利用をおすすめします。

自動査定はこうやって活用するのがおすすめ!

自動査定だけではマンションを売却できないので、結局は不動産会社に相談することになります。自動査定でおおよその査定額を把握したら、信頼できる不動産会社を見つけ、訪問査定を依頼しましょう。

マンションの自動査定はSUMiTASがおすすめ!

マンションの売却を検討する際に大切なのは、マンションの相場観を知ることです。
相場を把握するにあたっては、まず自動査定から始めてみてはいかがでしょう

SUMiTAS(スミタス)の「簡単10秒査定」は、入力した情報をベースに全国の売却査定ビッグデータから類似性の高いと考えられる物件情報を抽出し、わずか10秒で査定額を算出します。
物件条件をある程度入力するだけで相場価格を把握することができるため、手間なく簡単に、そして素早く価格が知りたい方におすすめです。

ただし、何度もお伝えしたように、自動査定での結果のみで売却活動を進めることはできません。
マンションの売却を本格的に考えられている方は、不動産会社へ直接相談するのが一番スムーズと言えます。

全国に情報ネットワークを持つSUMiTASは、長年蓄積したデータからより良い形での売却戦略をお伝えすることができます。決して無理な営業はいたしません。
お客様の「なぜ売却したいのか」「どう売りたいのか」などご要望をしっかりとヒアリングし、ニーズにもご不安にもお応えしていきます。

どんなささいなことでもお気軽にご相談ください。